レッドボックスジャパン

レッドボックスプロジェクトは、イギリスで始まった社会活動。赤い箱の中に生理用品を入れて学校に寄付するというシンプルな方法で始められ、赤い箱を寄付することから “レッドボックス”プロジェクトと名付けられました。 この活動は2017年3月にポーツマスで設立され、今ではイギリス全土を始めとしてヨーロッパ諸国を中心に世界中に広まりを見せています。日本は2019年12月に設立し、「レッドボックスジャパン」として日本国内で活動しています。

活動目的

RedBox Japan

レッドボックスプロジェクトは、全国の学校に生理用品を寄付する活動を行なっています。レッドボックスプロジェクトは2017年にイギリスで始まったプロジェクトです。赤い箱の中に生理用品を入れて学校に寄付するというシンプルな方法で始められ、赤い箱を寄付することから“Red Box”プロジェクトと名付けられました。  

Help Woman

この活動が始まった背景には“Period Poverty(生理の貧困)”という問題があります。聞きなれない言葉だと思いますが、これは、生理用品を買うお金がない、または利用できない環境にあることを言います。イギリスでは、生理用ナプキンやタンポンが買うことができない学生が約10人に1人いるとされており、彼女たちはティッシュや靴下で代用していたり、さらには学校を休んでしまい教育の機会を逃してしまっています。この“生理の貧困”問題はイギリスだけではなく、途上国・先進国も含め今世界中で解決に向けて取り組んでいる課題です。
私たちは、学校にレッドボックスを設置することで、学生の皆さんの生理の不安を少しでも取り除き、安心して学校生活を送ることができるようサポートすることを目的としています。
 

All Schools in Japan

 レッドボックスプロジェクトの日本での活動はまだスタートしたばかりですが、今後設置校をどんどん増やしていけるよう活動を進めています。日本全校約8000の学校に設置予定です。
 

Feel Safe

 次に、災害時のレッドボックスの役割についてです。昨年も台風をはじめとし、甚大な被害をもたらす自然災害が相次いで発生しました。今後も予期せぬ事態に備え、災害対策をしておく必要があります。災害が発生した際、避難所になることが多い学校にレッドボックスを設置しておくことで。災害時の備蓄として利用することが可能です。また、今後全国の学校にレッドボックスを設置することで、日本のどこかで災害が起きた際、近くの被災していない地域の学校が、レッドボックスが寄付した生理用品などの物資を被災した地域へ送ることもできます。なかなか支援物資として意識されにくい生理用品なので、災害が起きた際は、ぜひ被災地へ送っていただきたいと思います。 

Fatberg

生理用品は多くのものが使い捨てで、使い終わったものはごみとして廃棄されます。ここからのお話で皆さんに考えてもらいたいことは、生理用品のごみの捨て方から繋がる環境問題についてです。現在売られている生理用品は水には溶けず、トイレットペーパーのようにトイレに流すことはできません。もし、使い終わった生理用品をトイレに流してしまった場合、どのようなことが起きるのか考えてみましょう。
水を吸ったタンポンは溶けることなく膨れ上がって容器いっぱいになります。下水管では、この容器の中と同じようなことが起こっています。こうなった場合、トイレや建物のパイプが詰まる可能性があります。これにより、パイプが破損し、トイレやバスルーム、建物に下水が浸水する可能性があります。
また、トイレや建物のパイプを通り抜けたタンポンは主に地下の下水システムに入ります。そこで、他の下水ごみ(ティッシュや紙おむつなど)と一緒にたまり、ファットバーグとして地下に溜まり続けます。これは主に、家庭や飲食店から出た食用油が下水道のあちこちにこびりつき、そこに流れてきたものがくっついて巨大化していきます。このファットバーグは今世界中の都市で発生しており、社会問題となっています。ロンドンではファットバーグの除去に毎月1億8000万円の費用がかかっています。ファットバーグは悪臭がするだけではなく大量の雑菌を含んでいるためとても危険です。
 

Plastic Surfing

私たちが使用している生理用品は様々な合成素材やプラスチックをもとに作られています。先ほど水につけたタンポンの他に、タンポンはアプリケーターというものがあります。タンポンのアプリケーターはプラスチックで作られています。下水道に流れた生理用品は、最終的に海へとたどり着きます。近年問題となっている海洋プラスチックごみ問題ですが、ある調査では(欧州委員会での最近の調査)生理用品は海で5番目に多く見つかるプラスチック製品だという事実があります。プラスチックは分解されないので、一度海へ流れたプラスチックは永久に海を漂い続けます。  

No.5

海を漂流するプラスチックの一部は海岸へ打ち上げられます。スライドの写真はある一つのビーチから見つかったタンポンのアプリケーターで、100個ほど見つかったそうです。
日本やアジア諸国が出したプラスチックごみは、海流に乗って多くはハワイに漂着します。美しいビーチで有名なハワイは、私たちが出したごみで汚染され始めています。
 

Hawaii,Kamilo Beach

写真は、ハワイにあるカミロビーチというビーチで、日本から出された大量のプラスチックごみが海流を渡ってきて流れ着き、ハワイとは思えない悲惨な状態になっています。そしてこれらの汚染されたビーチの清掃にも膨大な費用がかかっており、毎日流れ着くため清掃も追いついていないのが現状です。
 

Sushi Gone

この海洋プラスチックごみの問題は、私たちの食にも影響が出ています。海を漂流しているプラスチックは、長時間紫外線や波にさらされることで、砕けて小さくなっていきます。海の中で小さくなってしまったプラスチック片(マイクロプラスチック)を回収することは不可能です。その小さくなったプラスチック片を海洋生物が餌と間違えて摂取してしまっています。その海洋生物の中には、私たちが普段食用にしている魚も多く含まれています。プラスチックを摂取した魚を食べることによって、私たちの体内にも取り込まれている可能性があります。プラスチックは毎日海へ排出され続けており、このままでは近い将来、魚が食べられなくなってしますかもしれません。私たちの大好きなお寿司も消えてしまう日も遠くはないのです。  

100円-10,000円

ここまでのお話で、生理用品をトイレに流してしまうことで、下水道の汚染に繋がっていること。海に漂流することによってビーチを汚していたり、誤飲した海洋生物の生態系を脅かしていること、さらには自分たちの人体にまで悪影響を及ぼしていることがお分かりいただけたかと思っています。生理用品の正しい捨て方を知ること、トイレに流さないということを実践することが、このような環境破壊を防ぐ一つの方法になります。

日本レッドボックスは生理用品の寄付を通して、学生たちの不安をサポートすることはもちろん、生理のしくみや正しい生理用品の知識を通して自分を大切にすることから相手を思いやること、そして、地域や地球環境のことを考えるきっかけになっていただけたら幸いです。
 

  • ホワイトTwitterのアイコン
  • ホワイトInstagramのアイコン
  • ホワイトRSSアイコン